オイル交換を安全、快適に行うアイテム(2024年最新版)

DIYのオイル交換を安全に行うためのアイテム

愛車を長持ちさせる秘訣は、適切なメンテナンスにあります。

中でも、エンジンオイルの交換は、車の健康を保つ上で非常に重要です。

今回は自宅でオイル交換を安全に行うための便利なアイテムを紹介いたします。

最もポピュラーな下抜きによるオイル交換アイテムを取り上げますが、車両によって違いが出る場合がありますのでサービスマニュアルなど参照してアイテム探しをしてください。

目次

エンジンオイルの役割とは?

エンジンオイルは、エンジン内の摩擦を減少させ、清潔に保ち、適切な温度を維持する重要な役割を果たします。

時間と共にオイルは劣化し、これらの機能を失います。

定期的なオイル交換は、エンジンの効率を最大限に保ち、寿命を延ばすために欠かせません。

オイル交換の上抜き、下抜きとは?

上抜き

オイルチェンジャーのホースをオイルレベルゲージに入れてオイルを抜き出すオイル交換方法です。ジャッキアップが不要で、ドレンボルトの閉め忘れがおきないことがメリットですが、専用ツールが必要になります。

出典写真:amazon.co.jp

オイル交換に便利なグッズ

下抜き

今回ご紹介するオイル交換方法が下抜きです。自然落下による廃油方式のため、専用ツールが必要ありません。また、オイルフィルター交換については車の下に潜る必要があるため、下抜き方法を覚えておくと良いでしょう。

オイル交換(下抜き)をする際に用意するものは?

オイル&フィルター&パッキン

新しいエンジンオイル、フィルター交換も一緒にする場合はオイルフィルター、そして、新しいオイルパッキンを用意

フロアジャッキ&スタンド

ジャッキで車両を浮かせ、スタンドに車両を乗せて安定させましょう。エンジンが前側にある場合は前方を浮かせて作業します。

レンチ

ドレンボトルを緩める、締めるためのレンチ。14mmのボルトが多いようですが、車種に合わせて適したサイズや工具を選びましょう。

出典写真:amazon.co.jp

フィルターレンチ

オイルフィルターを交換する際に必要になるのがフィルターレンチです。車種によってサイズが異なるため写真のようなカップ型の場合、適したサイズを揃える必要があります。

出典写真:amazon.co.jp

BALのデジタルトルクレンチ

トルクレンチ

ドレンボルトを適正トルクで締め付ける際にはトルクが測れるレンチを使用しましょう。締付トルクは整備手帳などでご確認下さい。

オイルパン

古いエンジンオイルを溜めるために使用する受け皿です。車両によってオイル量が違いますのでオイルパンの容量に気をつけて選ぶ必要があります。

出典写真:amazon.co.jp

オイルジョッキ

新しいオイルを注入する際に使用するオイルジョッキです。メモリ付きで正しいオイル量を測り、注ぎやすいタイプを選びましょう。

出典写真:amazon.co.jp

カースロープ

ジャッキスタンドよりも簡単なカースロープもおすすめです。車重や高さにあったカースロープを選びましょう。

おすすめのフロアジャッキ

フロアジャッキ

カースロープがなければ、フロアジャッキでリフトアップし、リジットラック(うま)で車両を支えましょう。

リジットラック

フロアジャッキだけでは、下に潜る作業は不安定なため危険です。そのため、リジットラック(うま)を使うことが必要です。

オイル交換をする際にあったら便利なアイテム

廃油処理ボックス

古いエンジンオイルを簡単に廃棄できるパックです。可燃込みで処理ができ、オイルパンの役割もあるため便利です。

出典写真:amazon.co.jp

マグネットオイルドレンツール

下からオイルを抜く際にドレンボルトを緩めますが、緩めた瞬間に熱い廃油が勢いよく飛び出すため、ある程度緩めてからはこのツールがとても便利です。

出典写真:amazon.co.jp

ジョウゴ

エンジン上部のオイルフィラー部は注ぎ口が小さいため、新しいオイルが溢れてしまうことがあるため、ジョウゴがあれば便利です。

出典写真:amazon.co.jp

タイヤストッパー

タイヤストッパー

ジャッキスタンドやカースロープで車両を浮かせた際も、地面に設置したタイヤが他にある場合はタイヤストッパーがあるとより安全に作業ができます。

出典写真:amazon.co.jp

オイルパン

ハゼットの6リットルの容量を持つオイル収集トレイ。廃油量により適した大きさのトレイを選びましょう。

出典写真:amazon.co.jp

おすすめカースロープはこちらから!

おすすめフロアジャッキはこちらから!

おすすめデジタルトルクレンチはこちらから!