イヤーマフおすすめ6選。(2024年最新版)騒音で寝れないストレス。

自己防衛策としておすすめのイヤーマフ

ご近所の騒音トラブルなどは、とても大きなストレスを感じるものです。

ほとんどの場合は相手が無意識に出している騒音のため、ご近所付き合いなどを考えれば注意をするのも難しいのではないでしょうか。

しかし、騒音も毎日のように続いてしまうと、日常生活にも支障をきたしてしまうため、何かしら対策をしないことには、いずれご近所トラブルに発展してしまうかもしれません。

そこで、まずは一時的に自己防衛策として、イヤーマフ(遮音・防音ヘッドフォン)検討してみましょう。

一旦、騒音から解放される時間を作ることで、冷静になることができます。

この記事では、安心して使えるイヤーマフを3つ厳選してみました。ぜひ、参考にしてみてください。

目次

編集部おすすめ、イヤーマフ6選

コンパクト 3M PELTOR イヤーマフ X4A

出典:amazon.co.jp

軽さと性能の両立 27dbの遮音性のX4A 

NRR値(dB) サイズ 重量 カップ部厚
27db
‎Free Size
234g
46mm

一つ目にご紹介するイヤーマフは、3M PELTORのX4A。コンパクト(カップが薄く、軽量)と遮音性を両立したハイパフォーマンスなモデルです。

家庭内で使用する場合は、横になったり、くつろいで使用するため、カップが厚すぎると、邪魔になってしまい、結局、すぐに外してしまいます。

遮音性はもちろん、カップの薄さ、軽さも重要視したい方におすすめのタイプです。

3M PELTOR イヤーマフ X4A 国内正規品
スリーエム(3M)

着け心地重視!シリーズ最軽量のX1A 

NRR値(dB) サイズ 重量 カップ部厚
22db
‎Free Size
184g
46mm

X4Aと比べて50g軽くなりますので、お子様にはX1Aから初めてみても良いかもしれません。

大人では50gの差はあまり感じませんが、頭の小さな子どもの場合は軽い方が疲れないはずです。

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥4,291 (2024/05/30 07:28:53時点 Amazon調べ-詳細)

シリーズ2番目の軽さのX2A

NRR値(dB) サイズ 重量 カップ部厚
24db
‎Free Size
220g
62mm

X4Aと比べて14g軽くなります。

一方でカップの厚みが16mm程度厚くなりますので、注意が必要です。

X1Aよりは遮音効果が僅かに高くなるため、重さと厚みも考慮して選択してみると良いかもしれません。

シリーズ中、最も遮音値が高い31dBのX5A 

NRR値(dB) サイズ 重量 カップ部厚
31db
‎Free Size
351g
81mm

重さも、351g、カップ部の厚みが81mmとなりますので、装着した際は大人でも大きく感じますが、遮音効果重視であれば、業界でも最高の遮音値を誇るX5Aをおすすめいたします。

created by Rinker
スリーエム(3M)
¥4,882 (2024/05/30 07:28:55時点 Amazon調べ-詳細)
NRR値(dB) サイズ 重量 カップ部厚
22db
‎Free Size
184g
62mm

ヘッドホン技術を活かしたJVCのイヤーマフ

出典:amazon.co.jp

オーディオ機器メーカーのJVCのイヤーマフ。
なんと言っても、デザイン性がダントツです。カップも薄く、色もホワイト、ブラックとシックなカラーのため、外出先でも違和感なく装着ができます。

遮音性については3M PELTORのX4Aほどではありませんので、気になる方はノイズキャンセリングイヤホンや耳栓と併用される方もいるようです。

おしゃれなイヤーマフならJVCで決まり

NRR値(dB) サイズ 重量 カラー
23~31dB
‎Free Size
273g
ホワイト・ブラック
created by Rinker
JVCケンウッド
¥5,000 (2024/05/30 22:16:13時点 Amazon調べ-詳細)

子どもが使いやすいサイズ。勉強にも集中

出典:amazon.co.jp

EZARC防音イヤーマフは頭の小さい大人や子どもが使いやすいサイズで、カラーバリエーションも豊富です。

25dbと十分な遮音性で、図書館やホテル客室程度の静かさのため、音に敏感なお子様の外出でも重宝いたします。

価格も手頃。デザインも可愛いので子どもにも人気です

NRR値(dB) サイズ 重量 カラー
25dB
small Size
250g
各色

イヤーマフの弱点

もちろん、イヤーマフも弱点があります。

例えば、耳栓に比べて物理的なサイズが大きいため、厚みのあるタイプを装着して寝ると、寝返りの際などには邪魔になります。

睡眠導入時に仰向けでは寝れない方は注意が必要です。

また、外出時には装着した際は耳栓よりも目立つため、静音よりも見た目が気になる方は耳栓が向いているかもしれません。

耳栓では得られない。イヤーマフの効果

手っ取り早く、耳栓を購入する方が多いかもしれません。ですが、一度気になってしまった騒音から解放されるためには、ある程度静かな環境を手に入れないと、逆効果になってしまうことがあります。

耳栓の効果を感じることができない場合は、イヤーマフの弱点を踏まえた上、ぜひ、検討してみてください。

静かな環境は何デシベル(dB)くらいなの?

30dB

非常に静かな環境での音量です。図書館や寝室など、ほとんどの日常生活では感じられないほど静かな環境です。

60dB

一般的な会話や、低音量のテレビ、ラジオ、冷蔵庫の動作などに相当します。一般的にはあまり気にならないレベルの音です。

100dB

交通騒音、建設現場の騒音、大きな音の楽器音等このレベルの音は非常に大きく、長時間にわたると聴力への損傷のリスクが高まります。

デシベル(dB)は、音の強さや他の物理的な量の強さや比率を示すために使用される対数単位です。

個人の聴覚や音の種類によって変わりますが、一般的には、デシベル値が大きくなるほど、音は「大きく」「うるさい」と感じられます。

イヤーマフの性能を表す指標NRRとは?

NRR (Noise Reduction Rating)とは、イヤーマフや耳栓などの防音具の性能を表す指標で、防音具を装着した場合にどの程度騒音を低減できるかを示します。

NRRは、ノイズの減衰能力をデシベル(dB)で表現し、防音具の性能が高いほど大きくなります。NRRが高い防音具は、より効果的に騒音を低減することができます。

NRRの使用方法は、実際のノイズレベルからNRR値を引いた結果を用いることで、保護具を使用した際の耳に入るノイズのレベルを見積もることができます。

例えば、ノイズレベルが80dBで、耳栓のNRR値が25dBの場合、実際に耳に入るノイズレベルは80dB – 25dB = 55dBとなります。

ただし、NRRはあくまで推定値であり、実際の使用状況によってノイズリダクションの効果が異なる場合があります。

効果を最大化させるためには、正確なイヤーマフの選定と適切な装着が重要になります。

騒音トラブルの場面で注意すること

騒音トラブルを根本的に解決するためには、誠意ある対話や適切な対策を行うことが重要です。

しかしながら、怒りを持ちながら相手に問題を伝えようとすると、思わぬ反撃にあってしまうかもしれません。

まずは、こちらが冷静に対応する必要がありますが、その第一歩がイヤーマフという自己防衛手段というわけでしす。

「なぜ、被害者である私が用意しなければいけないのか?」という思いはとても理解できますが、イヤーマフはご近所の騒音以外にもご家庭での集中力アップなどにも使用できますし、DIYなど大きな音から耳を守るためにも利用できるため、意外に重宝します。

いつでも平穏な世界を手に入れることができるという「安心」のためにもぜひ、ご検討ください。

こんなところでもイヤーマフは活躍します

フェス・ライブ

野外フェスなど、子どもと一緒に参加できるイベントも多いですが、現場での音量は相当なもので、子どもには騒音になってしまうことがあります。持っていくだけで安心して過ごすことがきます。

花火

間近で見る花火は迫力満点ですが、打ち上げ音も相当なものです。お子さんはもちろん、衝撃音が苦手な方でも、イヤーマフで音を軽減できますのでおすすめです。

芝刈り

芝刈りなど、機械音による騒音性難聴は意外に軽視されていますが、一度、内耳への損傷が出ると回復するのが難しくなると言われています。イヤーマフでリスクを軽減しましょう。

飛行機内

電車や飛行機内などでは、長時間に渡り同じ場所で過ごすことがあるため、思わぬ騒音に眠れなくなることがあります。そんな時にもイヤーマフがあれば快適な空間をもたらしてくれるでしょう。

編集部が実際に購入した商品はコレ!

3M PELTOR X4A

実際にスタッフの実家でも、ご近所の騒音により、夜寝れないストレスをこのイヤーマフで解消することができたとのことです。また、親戚の小学生の子どもにもプレゼントしましたが、サイズも問題ないようで、喜んでくれました。すでに1年以上使用されていますが、遮音、耐久性も含めて気に入っているようです。