非常用トイレおすすめ4選(2024年最新版)

感染症発生率が通常の3倍!

厚生労働省のデータによると、災害時に衛生的なトイレが不足することで、感染症の発生率が通常の3倍になることが分かっています。これは、避難所や臨時の居住地でのトイレ環境が悪化することで病原菌の繁殖が促進されるためです。

災害時に特に問題となる感染症には、下痢、腸炎、コレラ、赤痢などの水系感染症があります。これらは汚染された水や食べ物を介して広がりやすいと言われています。

衛生的でないトイレは、糞便が適切に処理されず、環境中に病原菌が広がるリスクを増大させます。手洗いが不十分な場合や、汚染された水が飲料水として使用されることも感染の要因となります。

災害用、非常トイレ(防災トイレ)の重要性

夜間や停電時に遠くの仮設トイレまで行くことは危険を伴います。家庭内や避難所内に設置された非常用トイレがあれば、安全にトイレを利用することができます。

家庭内にて被災した際も、断水が続くなかで一番の心配事はトイレです。

非常用トイレがあれば、水がなくても衛生的に処理することが可能です。

目次

編集部おすすめ、非常用トイレ

防災士柳原志保氏と共同開発!

Qbit いつでも簡単トイレ

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp 

Qbitの簡易トイレは、いつでも簡単に使用できるように設計されており、100回分もあるのにA4サイズ、厚さ16cmというコンパクトな形状です。

本棚にも収納できるため、防災用品として場所を取らずに備蓄可能です。

ポリエチレン製の手袋が100組付属しており、使用後にビニール袋を取り外す際に手が汚れない工夫がされています。

また、15年間保管可能な抗菌・消臭凝固剤を使用しており、嫌な臭いを抑え、500mlの水分をしっかりと固めて廃棄しやすくします。

アルミ製パッケージにより高いガスバリア性を持ち、湿気を防いで長期保管を可能にしています。

また、介護や怪我の際にトイレに行くのが難しい場合にも便利です。セット内容には、黒色ポリエチレンビニール袋が10枚×10セット(100枚)、ポリエチレンビニール手袋100組、凝固剤100個、防臭袋4枚、便座カバー2枚が含まれています。

他の製品と異なり、コンパクトさと手が汚れない工夫、アルミ製パッケージによる長期保管性が特徴です。

保存期間 製造 おすすめポイント おすすめポイント2
15年
日本製
防災士監修
手袋100組付き

100回分はコチラ!

50回分はコチラ!

30回分はコチラ!

15年保存&日本製

トイレの女神PREMIUM

出典:amazon.co.jp

出典:amazon.co.jp 

防災セットの必需品である水の要らない非常用トイレ。

高性能凝固剤を採用しており、吸水力と消臭性に優れている簡易トイレで、簡単に取り付けられ、非常時でも安心して使用できます。

防災士監修のもと、排便袋・処理袋・凝固剤にこだわったこの簡易トイレは、大切な家族を守るための備えとして最適です。

また、劣化しにくいアルミ製パッケージにより、15年間の長期保管が可能です。

取付はわずか20秒で、災害用だけでなく携帯トイレや介護にも役立ちます。

保存期間 製造 おすすめポイント おすすめポイント2
15年
日本製
防災士監修
防災ブック付き

100回分はコチラ!

50回分はコチラ!

30回分はコチラ!

携帯おしりシャワー付き!

どこでも簡単トイレ トイレ119

出典:amazon.co.jp 

出典:amazon.co.jp

日本製の高性能凝固剤など、すべての付属品にこだわり、安心して使用できる防災トイレを提供しています。

子供や高齢者もストレスなく使用できます。

災害用だけでなく、携帯トイレや介護にも便利です。トイレ119は、吸水力と消臭性を兼ね備えた高性能凝固剤を採用し、20秒で凝固し消臭します。

また、劣化しにくいアルミ製パッケージで15年間の長期保管が可能です。

セット内容は凝固剤100回分、排便袋100枚、処理袋20枚、ポケットティッシュ100枚、防災ブック1冊、携帯おしりシャワー1個です。

保存期間 製造 おすすめポイント おすすめポイント2
15年
日本製
防災士監修
防災ブック付き
携帯おしりシャワー付き

100回分はコチラ!

50回分はコチラ!

厚手で大きな袋の安心感!

どこでも簡単トイレ トイレ119

出典:amazon.co.jp 

出典:amazon.co.jp

防災トイレ24時の特徴として、大型の洋式トイレに対応した設計、破れにくい素材、臭いを防ぐ抗菌性凝固剤の採用により、使用者の安心感を高める工夫がされています。

また、コンパクトな省スペース設計(約22.5×22.5×10cm)で、備蓄に場所を取らず、ご家庭や企業、自治体での保管にも最適です。

災害時の緊急用トイレとしてだけでなく、アウトドアやキャンプ用の携帯トイレとしても利用可能です。

保存期間 製造 おすすめポイント おすすめポイント2
10年
日本製
大きめサイズ
破れにくい厚手の袋

50回分はコチラ!

データで見れば納得。やっぱり用意が必要です。

阪神淡路大震災や東日本大震災の経験から、避難生活が3ヶ月以上続くケースがあり、その間にトイレの問題が発生した避難所の割合は80%以上にのぼります。

どのくらい、必要なのか?

非常用トイレの必要量は、使用者の人数と期間、使用頻度によって異なります。

夫婦2人の場合
1人あたり1日に3回使用すると仮定すると、2人で1日に6回使用することになります。
1週間(7日間)での必要量は、6回×7日=42回分です。

家族5人の場合
1人あたり1日に3回使用すると仮定すると、5人で1日に15回使用することになります。
1週間(7日間)での必要量は、15回×7日=105回分です。

非常用トイレを準備する際には、災害時の予備として少し多めに準備しておくと安心です。

また、使用頻度や状況によって必要量が増減する可能性があるため、余裕を持った備蓄をおすすめします。